イメージ

あこがれの二重まぶたに

目が優しい…目が怖い…というように、他人に対し、目というものは様々な印象を与えます。例えば、一重だから目つきが悪いのか?二重だから優しい印象を与えるのか?…決してそういうことではないのですが、人は目の形によって自分に自信をもったりコンプレックスをもったり様々です。また、「憧れのあの人のような目になりたい…」というように自分の目は嫌ではないのですが、より理想のラインに作り替えてしまいたいという方や、二重にしたことで長年の悩みが解消されたり、お化粧をするのが楽しくなったという患者様も多数いらっしゃいます。
当院では「二重にして印象を変えたい」という患者様のご希望にそった一番良い方法を選択しています。左右差がある二重のラインの調整やまぶたの少しのたるみを改善することも可能です。「こうなりたい」という写真を持参して来られてもかまいません。患者様の、“理想の二重ライン”をご相談ください。

二重ラインの種類
二重ラインの種類

二重ライン

美容外科でつくる理想の二重ライン

二重ラインの種類には「並行型」と「末広がり型」があります。「並行型」は、目の内側から外側まで、まぶたの縁と平行したライン。「末広がり型」は目頭(目の内側)から徐々に外側に広がっていくラインです。もちろん「末広がりに近い並行型にしてほしい…」など、患者様のご希望のラインを医師と細かく相談しながら決めていくことができます。また、「施術後どのくらい腫れるの?」「どのくらいで落ち着くの?」などの疑問に対して施術前に医師からしっかり説明いたしますので、よく理解・納得されてから施術を受けるようにしましょう。

→「施術の流れ」を読む

→「ラインの変化」を読む

二重まぶたの施術方法
二重まぶたの施術方法

二重まぶたの施術方法

まぶたを切る方法・切らない方法

埋没法と切開法

二重まぶたを人工的につくる方法は、①埋没法(糸だけでまぶたの皮膚をたくし上げ、ラインをつくる方法)と、②切開法(上まぶたを切開し、ラインをつくる方法)などがあります。特に①の埋没法は、まぶたを切らずに糸をかけるだけの施術で、糸を外せばもとに戻すことも可能なため手軽におこなえる美容整形の入門的な施術です。
切開法は、もともと二重で「ラインを変更したい場合」あるいは「ラインのクセが強い場合」、目の上の余分な皮膚のためにラインがはっきりしない場合などに適しています。
まぶたを切るのに抵抗がある方や「まぶたにたるみがある」、「アイプチのしすぎで皮膚が硬くなってしまった」などの場合でも、埋没法ではっきりとしたラインをつくることは十分可能ですので、医師の説明をよく聞いて検討しましょう。

→「埋没法」を詳しく見る

→「切開法」を詳しく見る

▲ページトップへ▲